患者さんの声  > 25年ぶりの自力排便
25年ぶりの自力排便

 夫の間質性肺炎の治療を、美濃漢方診療所にお願いすることになり、そのご縁で、私も長年の頑固な便秘の治療をお願いしました。

 25年前、顔色が悪く、唇が黒くなり、食道にかけて突っ張る感じ、汗をかいたところが湿疹になりかゆく、たいへん体調が悪くなりました。こうなるまで、ひどい便秘が続いていました。

 その後、大腸洗浄という、ぬるま湯を注入して排便する方法でしのいできました。途中、某大学付属病院便秘専門外来にも受診しましたが、効果がないので、すっかりあきらめていました。

今回、美濃漢方診療所から、夫も便秘なので、夫婦とも同じお薬((濃縮エキス剤)をいただいたところ、夫はすんなりなおりました。ところが、私のほうはびくともしなかったのです。

先生がちがうお薬(生薬・煎じ薬)にかえてくださって、飲み始めたところ、小指の先ほどが排泄されるようになりました。たとえ、小指の先ほどでも、私にとっては、25年ぶりです。驚きました。

その後、さらに2週間分のお薬(生薬・煎じ薬)をいただいて飲み始めたのですが、今度は一転して下痢となり、先生から飲むのを、一時中止するようにとの指示で、飲むのをやめたところ、なんと!お薬を飲まないのに、普通に排便するようになったのです!私にこんな能力があったのかと自信のようなものがよみがえりました。その状態が約1週間つづきました。

 そのうちまた、便通のない日がつづくようになりました。そこで、残っていたお薬を1日分の3分の1を1日1回飲むようにしたところ、また排便できるようになりました。

 このようにして、長年の頑固な便秘が、しだいに正常化していっていて、劉先生、美濃漢方診療所に感謝しています。ありがとうございます。

    大阪 70台女性 T子さん

劉より

この方は、気血虚弱症で長年眠っていた大腸動力を回復することを主眼に処方しました。自力排便できるようになって本当によかったですね!治療は終了しましたが、引き続き経過をお知らせ下さい。