患者さんの声  > 脈診の体験と西洋薬からの解放
脈診の体験と西洋薬からの解放

私は不整脈で病院にかかり、先生から一生お薬を服用しなければならないと言われておりました。時々、心臓が踊るように気持ち悪いくらいドキドキすることもありましたので、心配になって劉先生に診てもらいました。
丁寧な脈診で「左心房が悪いので検査を受けて下さい」と心臓の図で説明を受けましたが、その時は「脈診でそんなことが本当に分かるのだろうか??」と半信半疑でした。
でも、病院で検査してもらったら左心房のことを指摘されてたいへん驚きました。
それ以来、劉先生のことを心から信頼して何かあればご相談しております。
漢方薬を一ヶ月ほど服用し、生活面や精神面のアドバイスも頂き、お陰様で心臓が踊ることも不整脈も治り、元気に過ごしています。
珍しく高血圧になって一生降圧剤をしなさいと言われた時もいつもは低血圧気味なので自分自身納得がいかず、劉先生にご相談したところ、一過性のタイプのものだと診断され、本当にそのとおりでした。
劉先生に診てもらわなかったら、一生、必要のない西洋薬をいろいろと服用し続けていたかと思うと恐ろしくなります。
これからもよろしくお願いします。

兵庫県 M子 70代前半