漢方百話  > 頭痛
頭痛

頭痛
頭痛の原因はいろいろあります。
ここでは、偏頭痛や緊張性頭痛のように、原因となる疾患がない慢性頭痛といわれる症状について述べていきます。
睡眠不足や飲み過ぎが原因であれば、すぐ薬を飲むのではなく、自然によくなってくることを待つのもよいでしょう。
 ところが、原因がはっきりせず、しばらく様子を見ても悪くなってくるようであれば、
症状にあった処方を服用しなければなりません。
 偏頭痛は、頭の片側がズキンズキンと脈打つように痛むもので、頭部の血管が拡張して周りの神経を刺激することから起こります。
神経質、几帳面、完全主義、勝ち気、努力家の人に多く見られ、進学や就職、月経など精神的、肉体的な転換期に頭痛の発作が現れてくる場合が多いです。
漢方では、頭痛の原因を、外因環境(風、寒、熱、湿、暑)内因環境(気虚、血虚、鬱血、脾胃、腎臓の虚症など)によるものに分けています。

葛根湯・・・風邪からくる頭痛や、肩こりを伴う風邪
桂枝人参湯・・・体力が普通か平均以下の人で、手足が冷えやすくのぼせやすい人。
五苓散・・・偏頭痛でも特に吐き気が激しいときや、
二日酔いによる頭痛や吐き気にも非常に効果がある処方
汗をかきやすく、口が渇いて水分を欲しがり、そのわりには排尿が少ない人
呉朱萸湯・・・胃腸の働きが弱く、吐き気を伴ったり、血行不良で冷え性の人
桂枝茯苓丸・・・女性の月経が誘因となって起こるような、顔がほてり、足腰が冷える人
黄連解毒湯・・・のぼせ気味で高血圧の人
半夏白朮天麻湯・・・体力がやや弱く、めまいや動悸が起こりやすい人

このように、どういうタイプの頭痛かということだけではなく、各自の証も併せて処方を検討していきます。
漢方は、偏頭痛や緊張性頭痛、心因性の頭痛、更年期障害の頭痛や月経を伴う頭痛などによく効きます。
頭痛の原因は、単一的なものは少なく、ほとんどの場合が、複合的な原因によるものです。長期にわたる頭痛にお悩みの方は専門医に相談されることをお勧めいたします。