漢方百話  > 美肌に効く漢方薬
美肌に効く漢方薬

美肌になる漢方薬ってありますか?

Q肌が乾燥してお化粧のノリが悪いのが悩みです。疲れやすく貧血もあるので、不健康そうに見られてしまいます。漢方できれいな肌にすることは可能でしょうか?

A肌は内臓の鏡と言われています。
肌荒れの原因はいろいろありますが、便秘、貧血、胃下垂、胃腸が弱い、睡眠不足、栄養不足などがあげられます。肌荒れでお悩みの方には、まず大きな原因をつきとめてその原因を改善する処方をしますので、肌荒れだけではなく、貧血や便秘なども改善されて一石二鳥です。この方の場合は、美肌をつくるために、栄養が十分に吸収されるように胃腸をじょうぶにすること、全身にその栄養分が行き渡るように貧血を治すことが近道となります。貧血、疲れやすい、体力低下、下痢気味、胃腸が弱く吸収力が弱い方の治療には、八珍湯(はっちんとう)などをベースに個々に合わせた処方することが多いです。
また、冷え、月経異常、消化不良、お腹が冷えるなど婦人の虚証には、理中湯(りちゅうとう)などを処方をします。
また、最近「肌が乾く」というご相談も多いですが、内臓の病気によるものだけではなく、
「肌の洗いすぎ」によるトラブルであることがしばしばあります。大きな原因のひとつに、「落ちにくいメイク」を落とすために界面活性剤がたっぷりと入ったクレンジング剤の使用があげられます。最近よく出回っている「洗い流せるクレンジングオイル剤」には界面活性剤がたっぷりと入っていますので注意が必要です。

治療が必要な方には、お薬を処方させていただいておりますが、生活習慣などの改善で良くなると思われる方にはアドバイスをさせていただいております。ご相談は無料(要予約)ですのでお気軽にお電話ください。