漢方百話  > 男性の更年期障害
男性の更年期障害

男性の更年期障害について
40代、50代の加齢による性ホルモン分泌量の減少によってさまざまな不快な症状がでてくるのは、女性に限ったことではありません。男性も精巣から分泌される男性ホルモンの量が年齢とともにゆるやかに減ってきます。ただ、その減少の仕方がやや急激であった場合や、仕事や家庭のストレスが重なったりすると、体調不良を感じることが多くなり仕事や日常生活に支障をきたすほどになることがあります。
おもな症状としては、性機能減退と不安感などの精神症状を中心に、疲れがとれない、体や足がだるくて重い、寝付くのに時間がかかる、肩や首のコリ、手足の冷え、重い頭痛、動悸、のぼせ、めまい、発汗、性欲減退、頻尿や残尿感などです。また、男性の更年期障害は、うつ病、自律神経失調症、性機能障害などとも深い関係があります。
更年期障害を発症する方は、責任感や競争心が強く、精力的に仕事をされてきた方に比較的多く、長期にわたる過労による体全体の機能低下に、男性ホルモンの減少やホルモンバランスの崩れが加わって、上記のような症状があらわれてきます。
中医学では、男性の更年期障害は、五臓六腑の腎(じん)と肝(かん)の機能に深く関係しているとみます。
腎はホルモンバランスや生殖器機能、肝は感情の波をやわらげて精神状態を快適に保つ機能に関係しています。特に肝の機能が弱まると、環境の変化や不安定な境遇によるストレスに敏感になり、自律神経のバランスを乱し、心身の変調につながっていきます。
 更年期障害には生活習慣の改善や周囲の人たちの協力も欠かせませんが、漢方薬の服用で腎や肝の機能を調整することによって、性機能を高め、不快な症状を緩和し、ストレスに強い体を作っていくことができます。