漢方百話  > 更年期障害
更年期障害

閉経を迎えるころになると、卵巣の機能が衰え、女性ホルモンのバランスが崩れるため、さまざまな不快症状が心身に出てきます。これを更年期障害といいます。
漢方では昔から、女性特有の生理に関連して起こる不快症状を、「血の道症」と呼んでいました。更年期障害も血の道症の一種で、主に血の異常、お血によって起こると考えられています。
お血があると、気や水の巡りも悪くなりますので、「気・血・水」すべてが滞ります。
このため、さまざまな不快症状が出てくるのです。
イライラ感や怒り、気うつなどの精神症状、頭痛や耳鳴り、ほてりや多汗、めまいなどの症状が重なり合って起こることも多いので、駆お血剤を中心に、気や水の巡りもよくする処方が用いられます。
○桃核承気湯(とうかくじょうきとう)・・・頭痛、動悸、のぼせ、便秘、肥満、顔面紅潮、腰痛などがある人。この証の人は左下空く腹部に抵抗や圧痛があり、これがお血のサインです。
○三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)・・・赤ら顔、のぼせ、怒りっぽい、便秘、不眠、肩こり、不安感、焦燥感、血圧が高めで鼻血がよく出る人。
○柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)・・・胸 苦満があり、神経過敏で不眠や動悸、イライラ、仰うつ気分などの神経症的な症状が強い、実証の人にもっとも多く用いられる。
○黄連解毒湯(おうれんげどくとう)イライラして怒りっぽい、赤ら顔、のぼせやすい、不眠、鼻血が出やすい、ちょっとしたことですぐカッとなってしまう人や、のぼせの強い人、同様の症状で便秘がある人は、三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)がよい。
○桂枝 苓丸(けいしぶくりょうがん)・・・冷え性、頭痛、肩こり、月経障害、下腹部に圧痛や膨満感があるなど、お血の症状が強い人。
○女神散(にょしんさん)・・・のぼせやめまいが強く、不眠、動悸、不安感、便秘などがある人。不眠症や神経症にも処方され、昔から血の道症に効く薬として使われていた。
○温清飲(うんせいいん)・・・皮膚につやが無く乾燥気味で、興奮しやすい、不眠、のぼせ、手足の冷えなどがある人。
○ 甘麦大棗湯(かんばくだいそうとう)・・・情緒不安定で興奮しやすく、すぐ泣く、ヒステリー発作を起こす、あくびを連発するなどの人。虚実を問わず、ヒステリーに有効。ここには一部の処方をご紹介しましたが、他にもいろいろと処方があります。このように、一口に更年期障害といっても、患者さんの体質や症状によって、処方が変わってきます。
ちょっとしたことですぐに逆上したり、イライラして周りに八つ当たり、ということが更年期にはよくあります。
自分の感情が抑えきれないで困るときは、甘麦大棗湯や抑肝散、柴胡加竜骨牡蛎湯などを試してみましょう。イライラが静まり、心が安定してきます。