漢方百話  > 子宮筋腫
子宮筋腫

子宮筋腫
子宮筋腫は30代40代の女性に多く見られる婦人科系の病気で、主な症状としては月経量が多い、生理期間が長い、周期が短い、不正出血、生理痛などがあげられます。また不妊や流産の原因になることが多い(約3割)ので日常生活に支障がないからといって放っておくわけにはいきません。
子宮筋腫は成熟していない子宮平滑筋の細胞の増殖したもので、女性ホルモンのエストロゲンの分泌に関係しています。真の原因は不明ですが、ストレスが原因になっていることが多く、過程としては、長期にわたるストレスで肝臓が鬱状態になり、ホルモンの分泌が乱れることによって気血の巡りが悪くなり、う血状態になります。そして子宮平滑筋が増殖し、筋腫が発生します。
東洋医学で子宮筋腫が治った例は数多く報告されていますが、筋腫の場所や状態によっては摘出手術を受けた方が良い場合もあります。また、閉経後はこのエストロゲンの分泌が少なくなりますので、筋腫はそれ以上大きくならず、縮小することさえあります。

漢方薬の治療が有効な場合は、筋腫がまだ柔らかい状態の場合や、摘出手術後の再発防止、また手術の必要ない筋腫による生理の乱れを整えたい方などです。