漢方百話  > 健康チェックの仕方
健康チェックの仕方

知って得する中医学智恵袋①
今月から健康に役立つ簡単な智恵を少しずつ紹介していきます。
「健康」は、どんな基準で判断するの?
大半の現代人は、毎年の健康診断などで検査数値が正常内であったり、レントゲンの検査で異常がなければ、ひとまず自分の健康状態は大丈夫と判断し、安心されるでしょう。
しかし実際は、倦怠感、手足のむくみ、不眠、動悸、頭痛、生理不順など、どうもすっきりとしない症状がある方が多いのではないでしょうか?
一方、私の親族(40代以上)には、10~20年、或いは一度も血液検査やレントゲンを撮ったことがない人たちが結構おりますが、特に問題なく元気に暮らしています。
そこで、毎日できる簡単な健康チェックの仕方をご紹介したいと思いますので、〇×で答えてみてください。
●起床後、顔を洗う前のチェック
□昨夜はぐっすり眠れ、すっきりと起きることができた。
□体に痛む、しびれる個所、不快な症状がない。
□微熱、歯、皮下出血、不正出血、発疹がない。
□目ヤニがたくさん出ていない。
□舌に苔(こけ)が分厚くついてない。
●寝る前のチェック
□気持ちよく排便し、小便が濁っていなかった。
□心地よい食欲があった。
□うつ状態にならなかった。*多少のストレスは普通です
□手足のむくみ、ひどい口の渇きがなかった。
□昨日と比べ、体に異常がなかった。
以上、毎日10項目すべてに〇がつく人は、特に心配をする必要はなく、サプリメントの摂取も必要ないでしょう。快食・快眠・快便・適度な運動を心がける程度で充分です。多少、検査数値でひっかかっていたとしても心配いりません。元気な体には強い自然治癒力が備わっていて、多少のバランスの崩れは自分の力で治していくことが出来るからです。
2項目以上×が3日以上続いている人は、要注意です。なんらかの治療や生活習慣の改善が必要でしょう。さらに一週間以上続いている場合は、医者にかかる必要があるでしょう。
尚、自分の健康について余り神経質に考えすぎることはよくありません。かえってストレスがたまり、心の健康に影響をあたえます。心と体は影響しあっているので体にもよくないのです。簡単な自己健康チェックの習慣を身に付けて、健康に自信のある楽しい生活をおくりましょう。