漢方百話  > 中国医学
中国医学

病名や疾患の部位が特定できないのにもかかわらず、あそこが痛い、ここがつらいといった、さまざまな不快症状がなかなか改善されず、悩まれている患者さんが実にたくさんいます。西洋医学では、はっきりと病名がつかない症状に対しては、心因性のものと判断され、精神科や心療内科に回されるケースが多いようですが、中国医学では、具体的な病名がつかなくても、症状さえあれば、それを緩和させる処方ができるので、症状が次々に変化するようなものであっても、それに対応することができます。
西洋医学が「病気自体を治す医学」であれば、中国医学は「病人を治す医学」といえるでしょう。
患者さんのなかには、中国医学に傾倒するあまり、西洋医学を拒否して、病状が悪化してしまう人がいますが、これは間違いです。それぞれの得意分野を生かし、症状に適した治療を受けることが大切です。
近年、中国医学が欧米をはじめとする諸外国で本格的に研究され注目されていますが、膨大な量の中国医学書の翻訳はまだまだこれからという感がします。
また、身近なところで気になることは、「誤用」が多いことです。
代表的な例では、朝鮮人参エキスの長期服用でしょうか。朝鮮人参は万人にたいして良薬というわけではなく、高血圧の方や、実証体質の方が長期服用すると脳溢血など誘因となることさえあるのです。
また、生薬には等級による効能の差の他に、加工(「修治」という)によって効能が全く異なってくるので注意が必要です。
「修治」についてはあまり知られてないと思いますが、高度な加工技術と生薬の知識をもつ専門家の存在は漢方薬を処方する上で不可欠な存在です。
西洋医学と東洋医学がうまく融合し、ひとりでも多くの患者さんの症状が改善されることを切に願います。