漢方百話  > アトピー性皮膚炎の治療中・・・
アトピー性皮膚炎の治療中、及び治癒後の注意事項

○食生活について
<良い物> のり、昆布、大根、すいか、骨付き肉のスープ(豚骨スープ、牛のテールスープ、スッポンスープなど、ゼラチン質を多く含む食べ物)  
<悪い物> 揚げ物、焼き物、ファーストフード、リンゴ、ドリアン、たまご、アルコール、たばこ、チョコレートなどは厳禁です。

○生活習慣について
*充分な睡眠をとるために、夜は照明を落としたり、寝る直前までPCに向かわないなど
リラックスできるよう工夫して下さい。

*アトピーとストレスは深い関係があるので、自分なりにストレスから遠ざかる工夫を心掛けて下さい。

*ダニ対策をして下さい。(カーペット、ぬいぐるみ、クッションなどを避け、寝具類は清潔に保って下さい)(ダニよけスプレー、ダニよけシートなどを活用しましょう)

*治療の過程で痒みを伴うカサブタができますが、自然にはがれ落ちるまで、掻きむしらないように気をつけて下さい。痒いときはたたいたりしてしのぎましょう。

○入浴について
*アトピー性皮膚炎の方は、皮膚のバリア機能が弱っているので、脱脂力・浸透力の強力な合成界面活性剤を含む化粧品やヘアケア製品の使用は厳禁です。
(特に、水に乳化するオイルクレンジング、乳液、シャワージェル、保湿系化粧品には注意)
*ぬるま湯と木綿のやわらかいガーゼなどでやさしく洗うことを基本にし、皮脂膜を保つよう心掛けましょう。熱い湯船や熱いシャワーは大切な皮脂膜を流出させてしまいます。

*洗髪・洗顔・おしり周りの洗浄には、純石けん、本物の石けんシャンプーの使用をお勧めします。(ニセモノの石けんシャンプーに注意)

★ 純石けん、石けんシャンプーはファックス、電話、ホームページお問い合わせフォーム(www.minomedical.com)にてお求めください。(日本在住の方は5000円以上のご注文で送料無料)
合成界面活性剤、タール色素、紫外線吸収剤を含まない製品を70年間作り続けている東京美容科学研究所の製品です。当診療所でも取り扱っております。
★治療中、完治後も再発防止のために、以上の注意点を少なくとも半年間は守って下さい。