アトピー性皮膚炎  > A.血熱型
A.血熱型
アトピー性皮膚炎 A.血熱型(けつねつがた)
主証:
  • 皮膚には鮮やかな赤色の斑点が現れ、丘状発疹、少量の脱屑があり、痒みを伴う。
  • 喉が腫れと痛みがあり、便秘、小便は量が少なく色が濃く、怒りっぽい。
  • 舌は赤く、苔は黄色。
  • 脈は弦数。
病因:
  • 長期のストレスが溜まっており、風熱風邪を引いた後、熱が血にこもっている。
治療法:
  • 解熱凉血、袪風止痒。
主な用薬:
  • 金銀花、白茅根、槐花、赤芍、丹参、紫草、土茯苓、知母、蝉売、丹皮、地骨皮、水牛角、地膚子、浮萍など。