アトピー性皮膚炎  > D.疾風熱型
D.疾風熱型
アトピー性皮膚炎 D.風湿熱型(ふうしつねつがた)
主証:
  • 皮膚は赤く、脱屑や炎症が見られ、特にひじ、ひざの裏側に多く見られ、ただれがひどく痒みを伴う。
  • 食欲が低下し、腹部が張っている。
  • 関節が時々腫れる。
  • 舌は赤く、苔は黄色く厚く泥状。
  • 脈は滑数。
病因:
  • 食べ物のアレルギーや菌、カビの複合感染による場合が多い。
治療法:
  • 袪風解熱、除湿止痒、解毒消炎。
主な用薬:
  • 金銀花、防巳、薏苡仁、赤小豆、威霊仙、苦参、地膚子、百部、黄柏、白朮、滑石、獨活、石膏、路路通、蒼朮、茯苓、防風、王不留行など。