アトピー性皮膚炎  > C.化膿型
C.化膿型
アトピー性皮膚炎 C.化膿型(かのうがた)
主証:
  • 脱屑皮膚の上に密集した小さい膿疱が見られ、膿のかさぶたが皮膚に付着してただれている。
  • 関節の痛み、発熱が時々ある。
  • 舌は絳色で苔は黄色く乾いている。
  • 脈は数洪か数細脈。
病因:
  • 湿熱邪気(感染)とアトピーが複合しており、炎症している状態。
治療法:
  • 解熱除菌、袪湿解毒。
主な用薬:
  • 金銀花、蒲公英、紫花地丁、野菊花、大黄、山梔子、黄連、茵陳、大青葉、紫草、石膏、防風、木蝴蝶、地膚子、蝉売、白花蛇など。