アトピー性皮膚炎  > 主な類型と原因
主な類型と原因

主な類型

現代医学ではアトピーを大きく2つに分類しています。

A.尋常型(約95%以上)(PSORIASIS VUL GARIA)

  • 点滴状アトピー
    点状に分布し、丘状皮膚隆起の回りに小さな赤い点が見られる。
    脱屑、痒みあり。主に初期に見られる発疹。
  • 斑塊状アトピー
    100円玉ぐらいの大きさの不規則な皮損が見られる。
    皮膚が赤く硬い。脱屑、ただれ、痒みあり。静止期に見られる発疹。
  • 屈側アトピー
    主に両腕の内側や膝の裏側、腋、腹股溝、肛門周り、乳房下に多く見られる。
    患部が赤く、痒みを伴い、乾燥或いはただれる。
  • 毛のう性アトピー
    毛のう丘疹を伴う皮膚炎、湿疹。主に頭皮、四肢によく見られる。

B.特殊型(重症型、約2%)

  • 関節性アトピー
    関節炎を伴うアトピー。
  • 赤皮性アトピー
    全身に赤い皮膚炎が散在する。急性期は発熱を伴うことが多い。
  • 膿疱性アトピー
    化膿性、厚いかさぶた状。シェルホール(貝殻状肉芽突起)皮損が広範囲で分布する。

主な原因

外因説
  1. アレルギー説(免疫の異常)
  2. バリア異常説(強力な洗浄剤)
  3. ホコリ、ダニ刺されによる説
    (居住環境)
  4. 食物アレルギーによる説
    (残留農薬・食品添加物)
    内因説
    • 心理的ストレスの蓄積(職場・家庭など)
    • ホルモンの変化
      (思春期・生理前後に発症、悪化する)
    • 不摂生な生活、偏食。(生活習慣病)